情報社会の弊害とは

《その情報の真偽は?》
情報化社会と呼ばれるようになり、現代ではどのような業界でも情報が蔓延しています。医療においても病気の改善や健康の維持に役立つとされる豆知識が簡単に手に入るようになりました。実際に病気にかかってしまっている患者の場合には藁にもすがる思いで知識を得て実践したいと考えるでしょう。また、健康を維持していきたいという人も必死に知識を増やして、やりやすいものから生活に取り入れていく場合が多々あります。しかし、誰もが簡単に情報を発信できるようになった影響を受けて、必ずしも流通している豆知識には根拠がない場合が増えてきているのが現状です。それどころか医学知識がある人が見れば明らかに病状を悪化させたり、健康を害したりすると考えられるような情報までまことしやかに広まってしまっている状況があります。特に医療現場で働いていると、患者がいくら頑張ってもよくならないと語り始める場合もあり、その誤解を解くのに一苦労するのも珍しいことではありません。

《看護師は情報の正しい理解を》
そういった患者の相手をするケースが多いのが看護師であり、ある程度は世の中に広まっている情報を理解する必要が生じてきています。しかし、あまりに多くの情報が蔓延しているため、専門領域で広まっている豆知識に目を通すだけでも骨が折れるのが実情です。患者が誤解をして病状を悪化させてしまわないためにも、しっかりと覚えて根拠を確認しようと思う看護師も多いものの、なかなか情報の増加に追いつけていないようです。医療の豆知識にはどんなものがあるか知りたい人は「こちら」も参考にしてみてください。

Comments are closed.

TOP