臨床学会で研究者とコミュニケーションを

《日進月歩の医療の現場》
臨床現場で働いている看護師にとって、仕事を効率的に行ったり、患者の満足度を高めたりするための豆知識が欲しいという気持ちに駆られるのは珍しいことではありません。その現場ごとによく知られているものはよくありますが、医療は日々進歩しているので新しいものを追求していくことが大切です。

《臨床系の学会に足を運んでみて》
その際に足を運んでみると良いのが臨床系の学会です。同じ現場で働き続けていると、現場に伝わっているノウハウの数も限られてしまいます。しかし、学会に参加してみるとより幅広い人との交流の機会を持つことができて、うまくコミュニケーションが取れれば豆知識を伝授してもらえる可能性があるのです。学会では医療現場で行われてきた最新の看護についての研究成果を目の当たりにすることができるのが主な特徴であり、それ自体が十分に臨床現場で活用できるものである場合も珍しくありません。それに加えて、その研究を行ってきた人と直接コミュニケーションをとって、ノウハウについて教われる機会とすることもできるでしょう。医療現場で同じようにして働いているだけでなく、研究をしようという意欲的な人だからこそ、オリジナルのノウハウを持っていることがよくあります。発表の現場だけでなく、コーヒーブレイクや懇親会などの機会を利用して積極的にコミュニケーションをとってみると多くの豆知識を一挙に獲得できるでしょう。臨床現場でより良い形で働けるようになるためには学会参加が重要になるのです。

Comments are closed.

TOP